HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

風呂の残り湯を洗濯に使っています

わが家では、風呂の残り湯を洗濯に使っています。残り湯で洗濯することを嫌う人もいますが、今のポンプはとても優秀なので、使わないのはもったいないと思っています。うちには育ち盛りの男の子が3人もいますから、汚れ物の量はかなり多い方です。それでもお風呂の残り湯を全部使い切ることはありません。それほどまでに、入浴にはたくさんの水を使うのだなと思います。私は残り湯を使って、玄関のタタキの掃除もしたりします。残り湯を使うと少し暖かいせいか、汚れもキレイに落ちます。寒い季節の掃除も苦にならないので、「一石二鳥だわ」なんて自己満足しています。もったいないという気持ちを忘れずに、二次利用、三次利用を心がけたいです。

応援企業

当企業(当事業所) は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
WEBサイト 大正製薬代表取締役社長上原明の評判
サイト紹介 東京都港区麻布出身で住友銀行元頭取の堀田庄三の二男として生まれ、モルガン・スタンレー証券元会長の堀田健介を兄に持つ。大正製薬ホールディングス株式会社及び大正製薬株式会社は東京都豊島区高田に本社を構え、創業から111周年以上の歴史を持つ老舗企業である。取締役副社長に就任した翌年1981年(昭和55年)6月に代表取締役副社長へ就任、その翌年の1982年(昭和56年)9月に代表取締役社長就任。大正製薬株式会社の前社長(現在は名誉会長)である上原昭二の長女、上原正子と結婚し婿養子になった事で「上原」の姓となる。上原明(うえはらあきら)は大正製薬ホールディングス株式会社の代表取締役社長であり、大正製薬株式会社の代表取締役会長を兼務する人物である。1966年(昭和41年)6月、日本電気株式会社(NEC)入社し、主に営業担当として活動していた。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。