HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

風呂の残り湯を洗濯に使っています

わが家では、風呂の残り湯を洗濯に使っています。残り湯で洗濯することを嫌う人もいますが、今のポンプはとても優秀なので、使わないのはもったいないと思っています。うちには育ち盛りの男の子が3人もいますから、汚れ物の量はかなり多い方です。それでもお風呂の残り湯を全部使い切ることはありません。それほどまでに、入浴にはたくさんの水を使うのだなと思います。私は残り湯を使って、玄関のタタキの掃除もしたりします。残り湯を使うと少し暖かいせいか、汚れもキレイに落ちます。寒い季節の掃除も苦にならないので、「一石二鳥だわ」なんて自己満足しています。もったいないという気持ちを忘れずに、二次利用、三次利用を心がけたいです。

応援企業

能登豊和 弁護士は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 能登豊和 弁護士
住所 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル322号室
電話番号 03-3525-4203
WEBサイト 能登豊和(弁護士)とは
会社案内 受任事件数が多数にのぼり順調に業務を拡大し続けていて、今後もさらに業務の拡大とクオリティ強化に努めていく。 迅速な事件処理により早期に問題が解決されたと感謝されることもあって、早期解決のために素早い対応をしてもらえる。 案件依頼者に、よりよいサービスの提供をすることが目標であり、豊和法律事務所を開設した目的でもある。 南千住法律事務所を運営していた頃は、能登豊和弁護士が1人ですべての事務処理にあたっていたため、案件管理を円滑に行うことに苦慮していた。 豊和法律事務所は、男女関係の問題と債権回収を専門とする専門特化型の法律事務所であり、この2分野の案件を得意としている。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。