3月の eラーニング(Word講座)受講生募集

スクリーンショット 2014-12-26 17.00.50

eラーニング(Word講座)
受講生募集中

自分のパソコンで学習するWord講座です。メールで届く教材に合わせて実際に操作することで、Wordの基本と実用的なテクニックをマスターできます。

・講師が学習の進捗をチェック!
自宅学習にありがちな“続かない”を防ぎます。

・講師にいつでも質問できるので安心!
メールなので時間を気にせず質問できます。

学習日程:2015年3月1日〜3月31日
(教材配信は3月1日〜20日、21日以降は演習など、31日以降、やり残した演習のほか質問があれば、4月中最大2週間まで対応可能)
受講費用:18,000円(税別、当法人登録テレワーカーは15,000円)
受講環境:
・対応OSはWindows7またはWindows8(XP・Vistaの方はご相談ください)
・パソコンでメールの送受信、PDF閲覧できること
・Microsoft Word 2010または2013がインストールされていること
※60日間無料ですべての機能を使用できる「評価版」での受講も可能です。ご相談ください。

受講申込みはこちら(2月25日〆切)
受講申込みフォーム

受講についての質問などは
info@teleworkyokohama.jp
NPO法人テレワークセンター横浜eラーニング係まで

■eラーニング講座(Word編)概要
〜受講の流れ〜
上記申込みフォームorメールでお申込

PC環境の確認、受講料振り込みのご案内

eラーニング担当講師から連絡

受講開始、受講料振り込み期限までにお振り込み

〜講座の特徴〜
・教材は20章でできており、受講開始日から20日間毎日メールで配信
・ご自身のスケジュールによって、遅れてしまっても学習日程期間内に終わらせればOK
・質問も学習期間内であればいつでもできます。
・教材には、その日の分の学習と練習・応用のためのミニ演習があり、1時間程度で学習できます
・学習が終わったら、専用のフォーム(Webサイト)で学習内容を確認し、完了を記録します
・2~3回、提出課題があるほか、最終日にも課題があります

講師が学習の進捗をチェックしていますので、自宅学習にありがちな“続かない”を防ぐことができます。
また、教材については講師にいつでも質問できるので安心です(回答は原則として平日24時間以内に届きます)。
基本的には毎日受講していただくことを想定していますが、スケジュールの都合上難しい場合は、2〜3日をまとめてやっていただく、などもOKです。

〜受講内容〜
第1章 文書ファイルの作成と編集・保存
新しい文書を作成、文字を入力する、文書に名前を付けて保存する、既存の文書を編集する、ファイルを上書き保存する

第2章 文字の装飾(書式設定)
文字装飾の基本、書式をクリアする、「フォント」グループで設定できる書式、テキストのプロパティ(「フォント」画面)

第3章 段落の書式設定
段落とは、「段落」グループの機能、インデントと字下げ、ルーラー、タブとリーダー、書式をコピーする

第4章 スタイル
スタイルとは、組み込みスタイル、テーマとスタイルセット、見出し用のスタイル、スタイルの設定

第5章 ページレイアウト
用紙の設定、文字数と行数、グリッド、段組み、ヘッダーとフッター、印刷イメージの確認

第6章 便利な操作
クリップボードの活用、操作のやり直しと繰り返し、キーボードショートカット、IMEの機能

第7章 文章校正・禁則処理
校正機能、禁則処理、辞書検索

第8章 ★演習課題(作ってみよう)

第9章 箇条書き・段落番号・アウトライン
箇条書き、段落番号、アウトライン

第10章 表の作成と編集
表作成の基本、セルに入力と装飾、表のレイアウトを整える、スタイルと罫線

第11章 画像
画像の挿入、画像サイズの変更、トリミング、画像の加工、文字の回り込み、画像の位置

第12章 図形
図形の挿入、図形の色、重なりの調整、図形の位置を揃える、複数の図形を組み合わせる、描画キャンパス、図形に文字を入れる(テキストボックス)

第13章 ★演習課題(作ってみよう)

第14章 差し込み文書
差し込み印刷ウィザード、宛名印刷

第15章 検索と置換(1)
文字の検索、検索オプション、特殊文字を使った検索、ワイルドカードをつかった検索、書式による検索、表や画像の検索

第16章 検索と置換(2)
置換、書式の置換、ワイルドカードを使った置換

第17章 ★演習課題(長文の加工)

第18章 変更履歴とコメント
変更履歴、変更の確定(承認/元に戻す)、コメント、文書の保護、PDFで保存する

第19章 目次と索引
目次、文章の構造化、索引

第20章 ★演習課題(作ってみよう)

以上です。